「自動車事故・修理の悩み 解決どっとこむ」では、

自分でできる自動車メンテナンスの仕方、クリーニング、点検の方法から、トラブル時の前兆また、症状と対策方法などをわかりやすく紹介しています。また、メンテナンス、修理に必要となってくる用語なども解説。

車に乗る全てのかたに広く使っていただけるサイトを目指しています。 ぜひお気軽にお使いください。
【車を売りたい!】 あなたの愛車査定します>>


自動車事故・修理の悩み 解決どっとこむ項目一覧

CATEGORY TITLE

自分でできる。お手軽点検・節約術

タイヤの空気圧チェック
空気圧をチェックする時は、走った後よりも走り出す前に行うほうがいいです。 走った...
タイヤの空気圧の測り方
まず、空気圧計(エアゲージ)の先をバルブに押しあて、まっすぐに入れます。 この時...
ホイールのチェック
ホイールナットの緩みをチェックして、緩みがあればナットレンチでナットを対角線状、...
タイヤの状態チェック
まずタイヤのスリップポイント(三角のマークがついている場所)のトレッド(溝)が部...
タイヤの性能について
タイヤの溝(トレッド)がなくなると、路面が乾いているところではそんなに問題ないが...
スタッドレスタイヤのチェックポイント
チェックするポイントは山が9分山以上ある場合の硬度がどれくらいであるかということ...
走行前の暖機運転
昔の車と比べて最近の車はエンジンをかけてから約10秒ほどのアイドリングでいいです...
ワイパーとガラスのチェック
走行する前にまず視界が悪くないかをチェックします。 フロントガラスに軽く水をかけ...
駐車場のチェック
車を置いている場所をチェックしてみます。 真夏の強い日射し、鳥の糞、木の樹液、毛...
車の弱点
車のボディーのサビの発生原因は「塩」と「水」です。 スキーや海水浴の後、水たまり...
液体類のチェック (1)ウィンドウォッシャー液のチェック
まずボンネットを開け、車の右側もしくは左側にあるウォッシャータンクを探します。 ...
液体類のチェック (2)ウィンドウォッシャー液とは
ウィンドウォッシャー液とはフロントガラスの汚れを落とすための一種の石鹸水のような...
液体類のチェック (3)ラジエーター冷却水のチェック
説明書でリザーバータンクの場所を確認し、ボンネットを開けタンクを見つけます。 こ...
液体類のチェック (4)ラジエーター冷却水とは
ラジエーター冷却水とはエンジンの「3大重要液体」のひとつで、クーラントを精製水な...
液体類のチェック (5)エンジンオイルのチェック
ボンネットを開け、レベルゲージ(頭の部分はリング状の赤い金属、もしくはオレンジ・...
液体類のチェック (6)エンジンオイルとは
エンジンオイルには「潤滑」「密封」「清浄」「冷却」の4つの役割があります。 エン...
液体類のチェック (7)バッテリーのチェック
バッテリーの上にある丸いキャップをコインなどで回して外し、すべての穴の中の液量を...
セルフガソリンスタンドを利用するときのチェックポイント
利用する前に必ず「利用手順」「注意書き」を読みます。 エンジンは切り、火気厳禁で...
レギュラーとハイオクの違い
レギュラーガソリンよりもオクタン価の高いガソリンのことをハイオクガソリンと言いま...
トランクの荷物をチェック
外から見えるところに携帯電話やカメラなどを置いていると、ガラスを割られたり、鍵を...

自分でできる。お手軽点検・節約術:詳しくはこちら

CATEGORY TITLE

節約につながる「車磨き」

車の塗装の役割
車のボディのほとんどは薄くて丈夫な鉄でできていますが、中にはアルミ合金製のも、部...
車の塗装の構造
塗装膜は鉄板の上にわずか0.1mmほどに薄く塗られています。 雨水が入り込みそう...
ボディの色のよって塗装が違う
塗装にはメタリック塗装とソリッドカラー塗装の2種類あります。 メタリック塗装とは...
洗車に必要な道具
洗車するときに用意する掃除道具は、バケツ、カーシャンプー、大きめの柔らかいスポン...
洗車のポイント (1)車全体を水洗いする
車の屋根の上からホースで水(ホースがなければバケツの水)を流し、ガラス、ボンネッ...
洗車のポイント (2)シャンプーする
家庭用の洗剤は絶対に使わないようにして、必ず市販のカーシャンプーを使います。 シ...
洗車のポイント (3)タイヤ&ホイール
まずホイールハウスの中やタイヤ・ホイール全体の汚れを勢いのある水で洗い流します。...
洗車のポイント (4)すすぎ&ふき取り
すすぎは車全体にシャンプーの泡が残らないように水で洗い流します。 きれいにすすい...
洗車のポイント (5)ガラスクリーニング
専用のガラスクリーナーよりも、薄めて使うタイプのウィンドウォッシャー液を使うと安...
洗車のポイント (6)インテリアのクリーニング
まず室内全体、特にスイッチ類のホコリを、ぞうきんやカメラ用ブロアーやエアーダスタ...
洗車のポイント (7)フロアマットクリーニング
まず各座席すべてのフロアマットを取り出し、室内のホコリやゴミを掃除機で吸い取りま...
洗車のポイント (8)シートクリーニング
まず縫い目や段差の部分にたまったホコリやゴミを掃除機で吸い取り、絞ったぞうきんで...
洗車のポイント (9)ワックスがけ
シャンプーがけをしてから、バンパーや無塗装の樹脂以外の塗装面にワックスをかけます...

節約につながる「車磨き」:詳しくはこちら

CATEGORY TITLE

下取り価格が上がる!得するクリーニング術

徹底的クリーニング (1)ボディのすき間
必要なものはブラシ類・ぞうきん・ハンドクリーナーで、この作業はシャンプー洗車と同...
徹底的クリーニング (2)シートの下&床のクリーニング
フロアマットの下を掃除するときは洗剤をつけたブラシでこするか、ぞうきんで水ぶき&...
徹底的クリーニング (3)さらに細かいところのクリーニング
スイッチ類のすき間や小さなポケット類を掃除するときは、エアスプレーやエアブロアー...
ウェザードリップの掃除
ぞうきん、ブラシ類、洗剤を用意しておきます。 ドアの縁をぐるっと囲んでいる合成ゴ...
上級ボディ洗い (1)鉄粉を取りボディーコーティングする
鉄粉用粘土、コーティング剤、布を用意します。 洗車しておいた車に水をかけて濡らし...
上級ボディ洗い (2)隅々まで洗う
ボディの裏側は意外とキズが多く、砂利道や舗装されていない山道を走った後には必ずチ...
ガラス類を磨く
必要なものはガラス用洗剤、撥水コート剤、ぞうきんです。 まず洗車して表面のホコリ...
エンジンルームをきれいにする
この作業をする前に詳しい説明をディーラーなどで聞いて確認してから行います。 まず...

下取り価格が上がる!得するクリーニング術:詳しくはこちら

CATEGORY TITLE

メンテナンス前のチェックポイント

ボンネットの開け方
まず運転席のドアを開け、インパネの下のドア側にあるボンネットオープナーレバーを引...
エンジンルームの見方
エンジンルームに何があるかは取扱説明書を見て確認しておきます。 エンジンルームの...
運転席まわりの重要ポイント
運転席に座ったらまず、どんなスイッチやメーターがあるのかを、取扱説明書を見て確認...
車載工具とは何か
車載工具とは、車に付属されている「工具セット」のことです。 この中には必要最小限...
発炎筒が車内にあるか
発炎筒は法規で決められている、車にとっての必需品です。 路上で事故または故障した...

メンテナンス前のチェックポイント:詳しくはこちら

CATEGORY TITLE

自分でやればこれだけ得する簡単なメンテナンス

用意するもの
作業するのに必要なものは、車に付属されている「車載工具セット」と、これだけでは足...
ワイパー交換
必要なものは新品ブレードです。 ワイパーアームを立て、ふき取り面を自分に向けます...
オイル&エレメント交換(1)
必要なものはリジッドラック、オイル、オイルエレメントです。 下抜きをする場合、ガ...
オイル&エレメント交換(2)
新しいオイルエレメントを用意して、取り付け面のゴム製リングに取り付けるときに破損...
バッテリー交換
必要なものは新品バッテリー、スパナ、軍手で、自分の車のバッテリーの容量とサイズを...
タイヤの交換(1)
用意するものは車輪止め、車載工具、軍手です。 タイヤを交換するときはパーキングブ...
タイヤの交換(2)
タイヤが地面から少し(4,5cm)浮き上がったら、ナットをすべて外してタイヤを外...
ヘッドライトの交換
用意するものは軍手と新品バルブです。 まずボンネットを開け、ランプユニットの裏側...
テールランプの交換
用意するものはヘッドライト交換同様、軍手と新品バルブ(球)です。 ブレーキランプ...
ヒューズ交換
用意するものは新品ヒューズで、自分の車に予備のヒューズがあるかチェックしておきま...
エアクリーナーの交換
用意するものは新品フィルターです。 ほとんどの車のエアクリーナー(エアフィルター...
空調フィルターの交換
用意するものは新品の空調用フィルターです。 ほとんどの空調フィルターは助手席のダ...

自分でやればこれだけ得する簡単なメンテナンス:詳しくはこちら

CATEGORY TITLE

プロ並みのメンテナンスがしたいなら

タッチアップ(浅い傷補修)
まず自分の車のメーカーと車種を確認して、ほぼ同じ色のタッチアップペイント入手しま...
パテを塗る(深い傷補修)
浅い傷補修同様傷の周りをマスキングテープで覆い、傷が深い場合は鉄板部分が削り取ら...
エアロパーツ補修
まず、傷のささくれや周りの塗料を150番の紙ヤスリでこすり落とし、次に表面の油分...
シートのシミ抜き
シート生地の素材にはビニール、繊維、合成革、本革といろいろありますが、ここではシ...
シートについた靴の汚れ
シートバックの裏側に靴の汚れがつくことが多く、繊維(ファブリック)系シートに泥な...
室内掃除でやってはいけないこと
シリコンのつや出し・表面保護剤を樹脂系素材に使うと、表面が滑らかになってつやが出...

プロ並みのメンテナンスがしたいなら:詳しくはこちら

CATEGORY TITLE

このメンテナンス必要?無駄?

ブレーキフルードの交換
ブレーキフルードをブレーキパッド交換以外で注ぎ足すことは無駄であり、定期的にボン...
ATフルードの交換
ATフルードの交換する時期は車種やATタイプによってかなり違っていて、最近では無...
点火プラグ&ハイテンションコードの調整
点火プラグの白金(プラチナ)プラグは10万km走っても問題ない場合が多く、プラグ...
ブレーキパッド&ローターの交換
ブレーキパッドが減ると、警告灯や警告音、またはブレーキからの異音で知らせるように...
パーキングブレーキの調整
パーキングブレーキのレバーを引いたり、ペダルを踏み込んだときに、カチカチという音...
エアコンユニットのメンテナンス
日本の電装品メーカーが設計したカーエアコンは非常に優れていて、これといったメンテ...
バッテリーの充電
バッテリー充電器は市販されていて、100V電圧を使う充電器が一般的です。 緊急用...
ロープロファイルタイヤを履く
ロープロファイルタイヤを履くと見た目には「かっこいい」が、乗り心地としては悪くな...
ウィンドウフィルムを貼る
フロントガラスに車検証など認められたもの以外を貼ることは、日本の法規上認められて...
ファンベルトの点検
ファンベルトは繊維やゴムでできている消耗品なので、点検が必要となります。 しかし...
アーシングする
アーシングとは、エアコンや点火プラグなどの電装部品ごとに専用アースを用意して、バ...
燃料タンクの水抜き剤
燃料タンクの水をとり除くために水抜き剤を入れると、水抜き剤の主成分であるアルコー...
エンジンのフラッシング
フラッシングとはエンジン内部やオイル通路についた汚れを落とすことを言いますが、日...
タイヤのローテーション
タイヤの摩耗状態が車輪によって違っているので、タイヤサイズが4輪とも同じ場合は、...
スタッドレスタイヤの履きっ放し
スタッドレスタイヤを車から外して保管している間に、ゴムが劣化し、グリップ性能もだ...

このメンテナンス必要?無駄?:詳しくはこちら

CATEGORY TITLE

修理・点検をプロに頼むときのチェックポイント

依頼した修理・点検の見積もりを出してもらう
プロの人に「修理・点検にいくらかかるか教えていただいた上でお願いするかどうかを決...
自分の意思をはっきり伝える
修理を進めていくうちに「ここも悪い」「この部分も交換が必要である」と後から修理す...
作業内容を説明してもらう
修理・点検が終わった後に、どんな部品を交換したか見せてもらうなどして、修理内容を...

修理・点検をプロに頼むときのチェックポイント:詳しくはこちら

CATEGORY TITLE

こんなときはトラブルの前兆?

スピードを上げると車が震える
まず考えられるのがホイールバランスの狂いによる震えで、輪の場合はハンドルがブルブ...
走行中にハンドルが重たくなってくる
まず、タイヤの空気圧の減少が考えられるので、タイヤの空気圧が減っていないかチェッ...
アイドリング中の振動が気になる
まず考えられるのが、点火プラグに電気を送るハイテンションコードの断線です。 ハイ...
ブレーキの効きが甘い
まずブレーキパッドが減っていないかチェックします。 坂道や峠道でブレーキを踏みっ...
まっすぐに走らない
まずタイヤの空気圧が4輪とも適正でないと考えられます。 パンクをして応急処置でテ...
排気ガスの色がいつもと違う
排気ガスの色が無色の場合は問題ないが、他の色の場合はエンジントラブルの可能性があ...
車の下に液もれの後がある
エアコンをかけて駐車した、あるいはアイドリングしていた場合の地面のしみはエアコン...
ウィンドウからの視界が悪い
窓ガラスが曇っている場合、故障ではないがそのまま走るととても危険です。 エアコン...
ウォッシャー液の出が悪い
まずウォッシャー液のタンクが空になっていないかチェックしてみます。 モーター音が...
エンジンから変な音がする
キュルキュルという音の場合、ベルトの劣化の可能性があります。 ゴロゴロと低い音が...
ハンドルを回すと音がする
エンジンがかかっている状態で思いっきりハンドルを切った場合に出る、「シュー」とい...
妙な音がしてエンストする
エンジンをかけていきなりハンドルを目いっぱい切ったとき、油圧パワステの場合、ポン...
ブレーキの音がキーキーうるさい
半来ブレーキから音はするものなので、音の違いで判断します。 「キー」という音の場...
オーディオの音が悪い
音が悪くなった場合には、まず市販のクリーニング用品を使ってヘッドやピンチローラの...
セルの回転が弱い
セル(スターター)の回転が弱くなる原因の一つにバッテリー寿命がきたと考えられます...
どこからか変な臭いがする
焦げたにおいがしてオーバーヒートした場合、安全な場所へ車を止め、ボンネットは開け...
シートやカーペットの臭いが気になる
天井やピラー(屋根を支える支柱)のまわりにシミが付いている場合、雨漏りの可能性が...
エアコンをつけた時の臭いが気になる
まずエアコン内部のフィルターにカビが発生したと考えられます。 この場合、フィルタ...

こんなときはトラブルの前兆?:詳しくはこちら

CATEGORY TITLE

突然のトラブル!こんなときどうしたらいい?

脱出する
まずシートベルトを外さなければならないが、外れない場合は、ベルトカッター付きの専...
危険を知らせる
故障・事故などにより路上に車が止まってしまったら、まず後続車両に自分の車の存在を...
助けを呼びけん引してもらう
ぬかるみ・雪などにはまって身動きが取れなくなった場合、、まず助けを呼び、助けが来...

突然のトラブル!こんなときどうしたらいい?:詳しくはこちら

CATEGORY TITLE

これで解決!トラブルが起きた時の対処法

キーをひねってもセルモーターが回らない
AT車の場合、ギアがPまたはN意外に入っていると、エンジンがかかったときの暴走を...
セルモーターが回っているのにエンジンがかからない
ガス欠、またはガス欠寸前かもしれないので、まず燃料の残量をチェックします。 次に...
給油したのにエンジンがかからない
ガソリン車の場合、キーをひねりセルモーターを長めに回してみると間違いなくエンジン...
パワーウィンドウが動かない
1ヶ所のパワーウィンドウが動かない場合は、他のウィンドウも動かしてみて、動かなけ...
トランクがしっかり閉まらない
まず、トランクのヒンジ部分の奥や真下に何かがはさまっていないかをチェックします。...
窓ガラスが割れてしまった
フロントガラスにヒビが入っていても、運転に支障はでないが、傷を放っておくと傷が拡...
エアコンのスイッチを入れても効かない
エアコンのスイッチを入れてもエアコンが効かない場合は、エアコンのガス(冷媒)抜け...
ワイパーが全く動かない
ワイパーのスイッチを入れても動かないときは、ヒューズ切れ可能性があるので、同じ色...
アクセルを踏んでも加速しない
AT車の場合、ミッション内部ですべりが発生していたり、ATフルードが劣化すると、...
スピードを上げるとハンドル・車体が震える
あるスピードになるとハンドルが震えるのは、ホイールバランスの狂いが原因であると考...
ハンドルから手を離すと車体が左右に寄る
極端に左もしくは右へ寄ってしまう場合は、タイヤの空気圧が低くなっている、もしくは...
直進しているのにハンドルが曲がっている
ハンドルの中心が狂っているとき、または、ハンドルに力を入れないと左右のどちらかへ...
エンジンを切ってもエンジンルームから音がする
車によってエンジンを切っても冷却水の温度が下がるまでファンが回っている場合があり...
水温計の針がレッドゾーンを指している
水温計の針がレッドゾーン(赤い部分)まで上がっている場合は、エンジンがオーバーヒ...
ラジエーター部分から液もれしている
ラジエーターから冷却液がもれている場合、ラジエーター内部に「もれ止め剤」を入れる...
窓ガラスが曇って視界が悪い
雨の日は車内の水分量が多くなり、閉め切った車内に人が乗ると温度が上がって、水分が...
キーをつけたままロックしてしまった
まずJAFなどのプロに連絡するか、スペアキーを取り寄せたほうが無難で、メーカー純...
シートベルトがねじれている
ベルトがねじれた状態のままで乗っていると、いざというときに効果が発揮されず、ねじ...
タイヤが溝に落ちて身動きがとれない
側溝にタイヤが落ちた場合、4WD車だと簡単に脱出することができ、2駆と4駆の切り...
タイヤがぬかるみにはまって身動きが取れない
あせってアクセルを踏み込むとタイヤが空転するだけなので、まず車から降りて状況確認...
タイヤがパンクしてしまった
まず安全な場所に車を停めることが大事で、きついカーブなどに停めると危険なので絶対...
ガス欠した
ガス欠の前兆があったら、まず安全な場所に車を停めます。 高速道路でガス欠すること...
バッテリーが上がった(1)
バッテリーにとってバッテリー液は「命の水」であり、この液が不足すると電気を取り出...
バッテリーが上がった(2)
救援車のバッテリーと故障車のバッテリーを専用ケーブルでつなぎ、電力をもらう方法が...
ウィンカーの点滅速度が左右で違っている
ウィンカーの左右の点滅速度が違う場合、バルブ(電球)切れである可能性が高いでしょ...
ヘッドライトがつかない
バルブ(電球)の種類はハロゲンランプとHIDの2種類に別れており、ハロゲンバルブ...
雪国でのエンジントラブル
雪国などの寒冷地で、ガソリン車がエンジンを長時間アイドリングさせるとエンジンが止...
ブレーキを強く踏むとブレーキペダルが震える
ブレーキペダルが震える原因は、たいていABSの作動であり故障ではありません。 A...
エンジンブレーキの効きが悪い
AT車はMT車に比べてエンジンブレーキの感じ方が違ったり、効きが弱くなります。 ...
アクセルペダルが元に戻らない
雪道や外気温が低いときに一定のスピードで走り続けると、ペダルが元に戻らなくなると...
パーキングブレーキが元に戻らない
レバーを強く引きすぎて固くて押せない場合は、レバーを引き上げる方向に力を入れなが...
ブレーキが全く効かない
長い下り坂をブレーキを踏みっぱなしで下ると、発熱量が大きくなり、ブレーキパッドや...
突然の雪でタイヤがすべる
山道で雪が降ってきたらタイヤが滑りやすくなるので、早めにチェーンを装着するか、出...
寒冷地でガラスが凍りついた
凍ったガラスに熱湯をかけてもすぐには溶けず、すぐ凍ったり、ガラスが割れることがあ...
JAFの会員でなくてもサービスが利用できるか
会員でなくてもロードサービスは利用可能で、サービスを受けた時点で現金・カード払い...

これで解決!トラブルが起きた時の対処法:詳しくはこちら

CATEGORY TITLE

誤って水没したときの脱出方法

STEP1:車は急に沈まない
夜間に気がついたら水の中に落ちていた、なんてことにならないとも限りません。 万が...
STEP2:窓ガラスを割る
車が沈んでいる最中にハンマーなどで窓ガラスを叩き割ると、室内に水がドッと入ってき...
STEP3:あきらめず落ち着いてドアを開ける
車が完全に水没して、呼吸ができなくなってもあきらめてはいけません。 完全に水没す...

誤って水没したときの脱出方法:詳しくはこちら

CATEGORY TITLE

中古車を高く買い取ってもらうには?

インターネットで簡単に”愛車の価格”を知るには?
中古車査定もインターネットなら楽々♪ ...

中古車を高く買い取ってもらうには?:詳しくはこちら