液体類のチェック (3)ラジエーター冷却水のチェック

説明書でリザーバータンクの場所を確認し、ボンネットを開けタンクを見つけます。
この作業をするときは必ずエンジンが冷えているときに行います。
エンジンを切った後にタンクを開けると、沸騰した冷却水が勢いよく吹き出してきてとても危険です。
冷却水の量が足りないときは、ボトル入りの「薄めクーラント」を入れるとお手軽です。
入れる量の目安は、エンジンが冷えているときはLOW、暖まっているときはFULLになるように入れ、入れすぎには注意しましょう。

【おすすめ!】 インターネットで簡単に”愛車の価格”を知るには?
当サイトから72名が体験している人気の無料サービスです。