液体類のチェック (5)エンジンオイルのチェック

ボンネットを開け、レベルゲージ(頭の部分はリング状の赤い金属、もしくはオレンジ・黄色のプラスチックでできていて、エンジンから突き出している)を探します。
見つけたら引っ張り上げ目盛りを見て、LとFの文字の中間より上ぐらいまでオイルがついていればOKです。
それ以下ならエンジンの真上にあるオイルマークの付いたキャップを外し、エンジンオイルを足します。
入れる目安は、ゲージのLからFまでが1ℓを表しているので、どれぐらい足りないかを目で測ります。

【おすすめ!】 インターネットで簡単に”愛車の価格”を知るには?
当サイトから72名が体験している人気の無料サービスです。