ホイールのチェック

ホイールナットの緩みをチェックして、緩みがあればナットレンチでナットを対角線状、または星型に数回わたり締めます。
これはホイールとタブのあたり面を均一にするため、それから、ホイールをセンターにぴったりあわせるためです。
規定トルク(約10kg-m)で締められているナットはそうそ緩むことはないが、整備会社でタイヤを外して点検した後、自分でタイヤローテーションをした後などは念のためチェックしましょう。
ホイールの付け替え作業のときは、下にスペアタイヤを置いた方がいいです。

【おすすめ!】 インターネットで簡単に”愛車の価格”を知るには?
当サイトから72名が体験している人気の無料サービスです。