タイヤの状態チェック

まずタイヤのスリップポイント(三角のマークがついている場所)のトレッド(溝)が部分的に消えている、消えかかっているかどうかチェックします。
溝の残りの厚みが1.6mm以下になるとスリップしやすく、車検も通らないので交換したほうがいいです。
次のポイントはタイヤにひび割れがないかどうかをチェックすることです。
タイヤは残り溝があっても性能が悪くなるので3,4年を目安に交換したほうがいいです。

【おすすめ!】 インターネットで簡単に”愛車の価格”を知るには?
当サイトから72名が体験している人気の無料サービスです。