洗車のポイント (6)インテリアのクリーニング

まず室内全体、特にスイッチ類のホコリを、ぞうきんやカメラ用ブロアーやエアーダスターを使って払い落とします。
次に固く絞ったぞうきんでインパネ全体、ドアの内張り(トリム)を入念に水ぶきして、しつこい汚れはブラシと洗剤を使って落とします。
意外と汚れているシートベルトやダッシュボードの上、またハンドルやメーターカバーもぞうきんで水ぶきします。
ウィンカーレバーやライトスイッチ、ステアリングコラムについているレバーも水ぶきし、また樹脂製の灰皿は取り出して丸洗いし、木製パネルつき灰皿は傷つけないように注意しながら洗います。

【おすすめ!】 インターネットで簡単に”愛車の価格”を知るには?
当サイトから72名が体験している人気の無料サービスです。