車の塗装の構造

塗装膜は鉄板の上にわずか0.1mmほどに薄く塗られています。
雨水が入り込みそうな内部などにはサビを防ぐためのワックスがたっぷり入っていて、またアンダーボディやドアの下側には車輪が跳ねた飛び石による傷を防ぐために、PVC(塩化ビニール)などのアンダーコートを吹き付けています。
車の塗装を乾かすときに、中の溶剤が蒸発して有害な成分が空気中にばらまかれているので、環境汚染をできるだけ抑えた水性塗料が注目されています。
この塗料は水性といっても洗車して色落ちすることはありません。

【おすすめ!】 インターネットで簡単に”愛車の価格”を知るには?
当サイトから72名が体験している人気の無料サービスです。