タッチアップ(浅い傷補修)

まず自分の車のメーカーと車種を確認して、ほぼ同じ色のタッチアップペイント入手します。
傷以外の部分に塗料がつかないように、傷の周りを市販のマスキングテープで覆います。
傷部分に紙ヤスリを軽くかけてからタッチアップペイントを塗り(盛り)、充分に乾燥させます。
塗料が乾いたら(できれば1日置いて)、マスキングテープをはがして極細のコンパウンドで補修部分をゆっくり磨くか、液体コンパウンドを使うと仕上がりがよくなります。
この作業を自分で行うと、板金塗装工賃分1万円お得です。

【おすすめ!】 インターネットで簡単に”愛車の価格”を知るには?
当サイトから72名が体験している人気の無料サービスです。