燃料タンクの水抜き剤

燃料タンクの水をとり除くために水抜き剤を入れると、水抜き剤の主成分であるアルコールによって、燃料系で使用されている合成ゴムや金属にダメージを与えたり、入れ過ぎによってトラブルを引き起こす可能性があるので、水抜き剤を入れる必要はありません。
水抜き剤の投入が規制されている車はなく、効果もはっきりとしていません。
タンク内で水が発生した場合、燃料と一緒にエンジンへ送られるか、ディーゼル車の場合では燃料フィルターの水抜き装置でろ過されています。

【おすすめ!】 インターネットで簡単に”愛車の価格”を知るには?
当サイトから72名が体験している人気の無料サービスです。