ブレーキフルードの交換

ブレーキフルードをブレーキパッド交換以外で注ぎ足すことは無駄であり、定期的にボンネットを開けて、リザーバータンクの液量をチェックするだけでいいです。
ブレーキフルードは伝達を目的としているため、あまり劣化しないので、もしフルードが減っている場合、ブレーキパッドの減り、もしくは液もれが考えられます。
ブレーキフルードが湿気を吸うと沸点が下がり、内部でベーパーロックが発生する恐れがあるので、メーカーなどでは車検ごとの交換を勧めています。

【おすすめ!】 インターネットで簡単に”愛車の価格”を知るには?
当サイトから72名が体験している人気の無料サービスです。