バッテリーの充電

バッテリー充電器は市販されていて、100V電圧を使う充電器が一般的です。
緊急用の乾電池式や充電式のものもあり、長い間車に乗らずにバッテリーが放電しているときには便利ですが、あくまで応急用です。
普通の充電器を使って充電する場合は、バッテリーを車から降ろしてキャップを開けておき、ゆっくり電流を流して充電します。
ライトの消し忘れなどがないのにバッテリーが上がってしまったら、交換時期が来たと考えていいでしょう。

【おすすめ!】 インターネットで簡単に”愛車の価格”を知るには?
当サイトから72名が体験している人気の無料サービスです。