自分の意思をはっきり伝える

修理を進めていくうちに「ここも悪い」「この部分も交換が必要である」と後から修理する部分が増えるケースもあります。
そのような場合に備えて、あらかじめプロの人に「途中で修理金額が増えるような場合は連絡してください。」とはっきり伝えておくとよいでしょう。
また、追加修理金額の限度額を伝えておくのもいいです。

【おすすめ!】 インターネットで簡単に”愛車の価格”を知るには?
当サイトから72名が体験している人気の無料サービスです。