キーをひねってもセルモーターが回らない

AT車の場合、ギアがPまたはN意外に入っていると、エンジンがかかったときの暴走を防ぐためにエンジンがかからないようになっているので、ギア(シフトレバー)の位置を確認します。
ギアを正しい位置にしてもエンジンがかからない場合には、スイッチの接触不良考えられるのでギアを2,3回動かしてから、P・Nにしてエンジンをかけてみるといいです。
MT車の場合も同じで、エンジンをかけたときの暴走を防ぐために、クラッチを踏まないとエンジンがかからない構造になっているので、クラッチを踏んだままエンジンをかけてみましょう。

【おすすめ!】 インターネットで簡単に”愛車の価格”を知るには?
当サイトから72名が体験している人気の無料サービスです。