シートベルトがねじれている

ベルトがねじれた状態のままで乗っていると、いざというときに効果が発揮されず、ねじれた部分が体に食い込み、内臓障害を起こす危険があります。
また、衝撃がかかったときにベルトが伸び、体が前方に大きく移動してしまい、とても危険なので、すぐにベルトの向きを戻しておきます。
直すときはベルトを斜めに二つ折りして、重なった部分をタングがすり抜けるように通すと元に戻ります。

【おすすめ!】 インターネットで簡単に”愛車の価格”を知るには?
当サイトから72名が体験している人気の無料サービスです。