タイヤがパンクしてしまった

まず安全な場所に車を停めることが大事で、きついカーブなどに停めると危険なので絶対してはいけません。
高速道路でパンクした場合、路肩でのタイヤ交換は危険なので、ハザードランプを点灯させながらサービスエリヤやバス停などへゆっくり移動し、スペアタイヤと交換します。
交換する際、前輪がパンクした場合、無事な後輪タイヤを前に取り付け、テンパータイヤは後輪に取り付けます。
テンパータイヤは応急用のため、できるだけ早く修理するか、タイヤを買い換えた方がいいでしょう。

【おすすめ!】 インターネットで簡単に”愛車の価格”を知るには?
当サイトから72名が体験している人気の無料サービスです。