ガス欠した

ガス欠の前兆があったら、まず安全な場所に車を停めます。
高速道路でガス欠することは違反行為にあたり、非常に危険なので、もしガス欠した場合は非常電話や携帯電話などで救援を呼びます。
ガス欠を予防するポイントは、警告灯が点灯してもまだ50kmぐらい走れるので心配ないが、日ごろから燃料が半分もしくは3分の1以下になったら給油するくせをつけておき、自分の車の燃費を知っておくと、後どれぐらい走れるかがわかるのでチェックしておきましょう。

【おすすめ!】 インターネットで簡単に”愛車の価格”を知るには?
当サイトから72名が体験している人気の無料サービスです。