ウィンカーの点滅速度が左右で違っている

ウィンカーの左右の点滅速度が違う場合、バルブ(電球)切れである可能性が高いでしょう。
バルブが切れると点滅速度が変わり、ドライバーにバルブ切れを知らせるようになっています。
車の横側についている小さなウィンカーがバルブ切れになっても点滅速度は変わります。
ウィンカーの点滅速度は、1分間に60~120回の一定周期と決められているので、範囲内であれば問題なく、車検も通ります。
ハザードランプもウィンカーと同じ周期で点滅しています。

【おすすめ!】 インターネットで簡単に”愛車の価格”を知るには?
当サイトから72名が体験している人気の無料サービスです。