ヘッドライトがつかない

バルブ(電球)の種類はハロゲンランプとHIDの2種類に別れており、ハロゲンバルブの方が主流で、このバルブの中にはロービーム用とハイビーム用の2つのフィラメントが入ってます。
よく使うロービームのバルブが先に切れたとしても、ハイビームはまだつきますが、切れたバルブは早めに交換した方がいいでしょう。
ロービームが切れた場合は、ハイビームをつけて走ることにして、この時、対向車がまぶしくならないようにするための応急処置として、両方のヘッドライトの上側3分の1ぐらいをガムテープなどで覆います。
片方が切れた場合、もう一方も切れる可能性が高いので両方同時に交換することをお勧めします。

【おすすめ!】 インターネットで簡単に”愛車の価格”を知るには?
当サイトから72名が体験している人気の無料サービスです。