雪国でのエンジントラブル

雪国などの寒冷地で、ガソリン車がエンジンを長時間アイドリングさせるとエンジンが止まり、排気ガスが車内に入り込んで1酸化炭素中毒になる恐れがあるので、車内で仮眠する場合は気をつけましょう。
雪道でバックすると、吹き溜まりの雪が排気ガスの出口をふさぎ、排気ガスが出なくなりエンストする「フン詰まり」が起きます。
また、寒冷地で温暖地の軽油を入れたままでいると軽油が凍ってしまうので、寒冷地で売られている軽油をタンクの半分以上入れると凍結を防ぐことができます。

【おすすめ!】 インターネットで簡単に”愛車の価格”を知るには?
当サイトから72名が体験している人気の無料サービスです。