パーキングブレーキが元に戻らない

レバーを強く引きすぎて固くて押せない場合は、レバーを引き上げる方向に力を入れながらボタンを押すと解除することができます。
足踏み式のパーキングブレーキには、レバーを引いて解除するタイプと、ペダルをもう1度踏み込んで解除するタイプの2種類があります。
踏み込んで解除するタイプで、引き代や踏み代が大きいときは調整が必要で、手応えのない場合はワイヤー切れの可能性があり修理が必要です。
寒冷地で駐車するときは、パーキングブレーキをかけると凍りつくので、かけないほうがいいです。

【おすすめ!】 インターネットで簡単に”愛車の価格”を知るには?
当サイトから72名が体験している人気の無料サービスです。