ブレーキが全く効かない

長い下り坂をブレーキを踏みっぱなしで下ると、発熱量が大きくなり、ブレーキパッドやローターが高温になって、変な臭いがしてブレーキの効きが悪くなる「フェード現象」が起きます。
さらにブレーキを踏み続けると、ブレーキ液が高温になり気泡が発生して、ペダルに踏み応えがなくなりブレーキが全く効かなくなる「ベーパーロック」が起きます。
こんな場合には、ペダルを素早く何回も踏み直すと停まれることもできますが、再びベーパーロックが起きる可能性もあるので、車を停め救援を呼びましょう。

【おすすめ!】 インターネットで簡単に”愛車の価格”を知るには?
当サイトから72名が体験している人気の無料サービスです。